品川区はデザイン工務店の多い地域です。単にデザイン性に優れるだけでなく、工務店が本来持っている地元に対する責任を全うしている工務店が数多くあります。おすすめの工務店は、営業年数が長い工務店です。何代にもわたって営業している工務店は、大手住宅メーカーにはない良いところがあります。代替わりして、新しいデザインも取り入れ、現代の顧客からも支持されています。設計は専門の設計事務所に依頼している場合と、自社で行っている場合があります。当然、外部の専門家に設計を依頼している工法店の方がデザイン性は高くなります。メンテナンスの良さが工務店の最大の魅力です。大手住宅メーカーは建てたら終わりなのに対して、工務店は建ててから長い付き合いが始まります。リピーターの多い工務店もおすすめです。

独自の工法にこだわる工務店の信頼度

品川区のデザイン工務店はデザインばかりでなく、工法にもこだわりを持っています。工務店のほとんどは木造軸組み工法を用いていますが、大手住宅メーカーが用いる2×4工法や軽量鉄骨プレハブ工法に劣るものではありません。むしろ、耐久性において、木造軸組み工法は圧倒的に有利な立場にあります。工務店は木造軸組み方法に工夫を加え、強度を高めています。本来であれば、日本の伝統木工法により地震に強い家をつくることは十分可能ですが、建築基準法では伝統木工法は認められておらず、別の補強を考える必要があります。地元の工務店では、筋違いだけでは耐震性が足りないとの判断から、独自の補強方法を採用しています。外壁に耐震ボードを張る方法は、比較的簡単に強度を高めることができます。2階床の剛性を高めることも地震には効果的です。

メンテナンスの必要性と工務店の関わり方

品川区のデザイン工務店は、建てたら終わりではありません。工務店が建築に携わった建物には、強い愛着を感じています。メンテナンスやリフォームが必要な場合は、工務店を積極的に利用することがおすすめです。最近の工務店の取り組みとして、建築以外のサービス業務にも力を入れていることが挙げられます。住宅を建てるには、土地探しや住宅ローンの申し込み、火災保険への加入などを行う必要があります。工務店はこれらを業務として担当し、施主の負担を減らす取り組みを行っています。工務店のデザインは形だけのもではなく、技術的に裏付けられたものです。工務店は短期的な良し悪しではなく、長持ちする住宅の建築を心掛けています。品川区のデザイン工務店は、地元住民への奉仕の心から、利益を第一に考えるのではない仕事をしてくれます。